昨年に続いて今年も元旦に・・・ 2019年カウントダウンパタヤ㉔(5日目3)

2019年12月 カウントダウンパタヤ
スポンサーリンク

 

 

元旦に日本料理を食べに行き、その後に少し時間ができたリキ。久しぶりにWSへと向かうのでした。

 

 

 

 

 

 

5日目 21時過ぎ パタヤWS

 

 

 

 

TREE TOWNでゴハンを食べてシーシャを吸った後は、WSへ移動してアキさんと合流。

 

 

『PIN UP』に入ろうとするも満員で入れず

 

 

 

タイガーのいるバカラへと足を向けるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキがパタヤへ初めて来たのは、2017年のGW。

タイへ来たのも初めてなら、パタヤへ来たのも初めて。

 

 

 

 

 

 

 

リキがウォーキングストリートへ来て、初めて入ったお店がこのバカラでした。

そんな思い出深いお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ、KOOさん、アキさんと店内に入ると、お客さんは少し多めですが席は確保できそうです。そんなわけで少し飲んで行くことにします。

リキ「元旦でもけっこうお客さん多いね。小さい店だと絶対座れないね・・・」

思ったよりもお客さんは多い感じ。

 

 

 

 

 

 

パタヤWSのゴーゴーバーもけっこうお店が入れ替わっていて、競争が激しい感じです。

リキが最初に来たころは、バカラはけっこう人気がありました。

 

 

 

 

しかし、昨年からは目の前にオープンした『PIN UP』が、女の子の人数も多くて人気になっています。

ネットなどで

「最近のバカラはダメだ」

「バカラ選べる子がいない」

とか書かれているのを見て、リキは寂しく思っていました。

 

 

 

 

 

店内を見回して、お客さんはそこそこいます。

ただ、女の子の質はというと・・・若干微妙?www

まぁ元旦なので、良い女の子はだいたいお客さんに確保されていますからね。

 

 

 

 

 

 

そんな感じで女の子を眺めながら店内を見回して、タイガーか、知ってる女の子を探します。すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「あっ!M子!」

M子「リキ!久しぶり!元気してた?」

1人顔見知りの女の子を発見。

 

 

 

 

 

 

ブログを読んでおられる方は、M子の名前を憶えておられるでしょうか?

ちょうど1年前2018年のカウントダウン時に、一緒に遊んだりしていた

酔ったらエロくなる!

M子さんですw

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「久しぶり、元気してた?」

M子「元気だよ。今日は友達と一緒なんだね」

KOO「こんばんわ」

アキ「こんばんわ」

と2人ともご対面。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「タイガーはいるのかな?」

M子「今日はね、いないんだよ・・・」

リキ「そっか、ちょっと声だけかけたかったんだけどね」

 

 

 

 

 

 

 

パタヤへ初めて来た時から遊んでいたので、最近遊ばなくなっていても

「元気にしてるかな?」

とちょっと挨拶ぐらいはしたいと思うリキだったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「よかったら一緒に飲まない?」

M子「いいの?ありがとう」

とせっかくなのでドリンクをごちそうすることにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KOOさん、アキさんは店内を軽く眺めていましたが、特には好みの女の子がおられないようでリキに付き合ってもらってる形です。

リキが周りを見ても女の子の人数はそこそこいますが、あんまりパッとしない感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

M子と少し飲みながら話しましたが、他に知っている女の子も今日はいないようです。

「少し残念だな」

そう思って2杯ぐらいドリンクを飲んだところで

さむ「どこいますか?」

とゴハンを食べ終わったさむさんから連絡がありました。

 

 

 

 

 

 

 

リキ「バカラにいるので出ますね」

と連絡をしてバカラを後にすることにしました。

リキ「またね、タイガーによろしく」

M子「またね」

 

 

 

 

 

 

 

 

バカラを出てWSでさむさんと待ち合わせ。

久しぶりにバカラへやってきましたが、あれだけ楽しく遊んでいたお店が既に過去のお店って感じです。

何となく寂しい気分になりました。

そしてKOOさん、アキさん、付き合わせた感じになってすいません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

さむ「お待たせしました」

とさむさんが女の子を連れて登場。

リキ「どこ行きますかね?『Pin up』とか入れてもらえなかったぐらい混んでましたよ」

5人になったので、なかなかゴーゴーをのぞくにしても席が難しいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さむ「ちょっとあそこ行ってみます?」

と向かったのが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Windmill

ウィンドミル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々と店内は過激だと聞いていましたが、実際に来るのは初体験です。

さむ「5人だけど入れます?」

スタッフ「大丈夫だよ!」

とお客さんが移動してくれたりして、なんとかうまく5人が入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さめの小箱ですが、各テーブル前でポールダンスをしてたりしているので身近な感じです。

端の方には噂には聞いていましたが、裸で女の子たちが遊んでいてそれを白人ファランが嬉しそうに眺めています。

さむ「本当はあの特等席に座りたいんですけどね」

さすがにあれの目の前は少し恥ずかしい感じがしましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだ遊んでいるうちに、夜も23時を過ぎたぐらいになってきました。

リキ「リキはそろそろLちゃんところへ行く時間だから、また後で合流できたらしますね」

そう言ってKOOさん、さむさん、アキさんたちとは別れて、1人でLKへ移動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてお店へ到着して中へ入ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「遅いぞ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酔っ払いがいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元旦なのでお客さんが気前よく飲ませてくれるのか、なかなかのレベルで仕上がっているL様がおられました。

L「リキ!どこ行ってたんだ?」

リキ「ちょっと友達たちと久しぶりにWSへ・・・」

L「なんだ?前の女のところか!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う~ん

「完全に酔っぱらったおっさんみたいになってしまっているな・・・」

そう思いながらも、指摘された通りなので笑ってごまかすのみwww

 

 

 

 

 

 

 

 

L「リキ!飲むぞ!テキーラだ!」

リキ「はいはい、どうぞ」

ご機嫌な様子なので、このまま楽しく一緒に飲むことにします。

 

 

 

 

 

 

 

L「今日は友達と飲む約束してるから、一緒に飲みに行くぞ!」

リキ「わかったけど、飲み続きで疲れているから早めに帰ろうね」

L「わかった」

そんな感じで1時間ほど飲んだところで、お会計をして移動することにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「今日は誰と飲む約束してるの?」

L「ほら、前に一緒にあれを見に行った子だ」

リキ「あれ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれとはコレのことです。

 

 

 

 

11月にパタヤへ来た際に、一緒にここへ観光へ行きました。

 

 

 

 

 

 

リキ「あぁ、なるほど。あの子と飲むんだね」

L「そう、あの子の飲み会だけど、あの子は来ない」

リキ「へ??」

ちょっと意味がわからないんですがwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L「あの子が友達を集めた飲み会だけど、あの子は既に酔い潰れていない」

リキ「え?それじゃもう行かなくていいんじゃないの?」

何しに行くんだよwww

 

 

 

 

 

 

 

L「だめだ!あの子がいなくても、行くと言ったから行く!」

リキ「・・・」

変なところで律義で頑固なLちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「でも今日ちょっと何か疲れているから、早めに帰ろうね」

L「わかった!2時間だけだ!」

年末毎日飲んで午前からも活動していたので、さすがのリキも少し疲れていました。友達いないならそこまで長居しなくてもいいかな?と思って早めの帰宅を申し出ました。

 

 

 

 

 

 

 

そして集まっている場所へ行くと、5,6人集まって飲んでいる感じです。

先にやってた方々もすっかり酔って良い仕上がりにwww

 

 

 

 

 

 

 

女の子「おぉ!Lちゃん来たか!」

女の子「お?リキもいるな」

知っている女の子も混じっていて、飲みがスタート。

ただ、リキはイマイチ乗り気じゃありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

友達たちと飲むのも楽しいと思いますが、たまにはゆっくり静かに飲みたいなぁと思ってしまいます。今回は呼ばれた友達がいないのに参加?ってリキ的には理解不能。

 

 

 

 

 

 

 

「まぁ適当に時間潰して、早めに帰ろう」

そんな気分なので、イマイチリキは溶け込めていない感じ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃別れた3人は

さむ「ピアーへ来ました!」

と連絡があり、リキ的にはめちゃくちゃそっちに合流したい気分w

 

 

 

 

 

 

 

 

このあたりの微妙な気持ちが何とも表現しがたいものがあります。

KOOさん、さむさん、アキさんとかと一緒に遊びたい気持ち

Lちゃんとも一緒にいたい気持ち

そんな気持ちが半分半分

 

 

 

 

 

 

 

理想としては、Lちゃん連れて他の3人と合流して遊ぶのが、1番良い感じなのですが色々と難しいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

率直に言って女の子との関係は

『お金のつながり』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただお金を払っているから何でもしていいわけではなく、そこにもやはり人と人とのつながりがあります。

お互いの事を考える気持ちが大事だとリキは思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Lちゃんと仲良くなったリキは、Lちゃんが友達と遊ぶところにも呼ばれるようになりました。普段友達たちと遊んでいる姿も見れるので、それは嬉しく思えます。

 

 

 

 

 

 

 

逆にリキもLちゃんを連れてKOOさん、さむさん、アキさんと一緒に遊びたいという気持ちがあります。

ただ、これがなかなか難しいところ・・・

 

 

 

 

 

 

女の子によっては自分のお店や仲が良い女の子以外とは、あまり打ち解けない子が多い気がします。

おかげで以前から非常にこの件について、根に持って言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こっちはお金を払っているんだから、俺の言うことを聞け!」

そう言って連れて行くのは簡単でしょう。

ただ、そんな無理矢理連れて行くのは何か嫌なんですよね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

だからあまり無理には誘いません。

でも、昨日は大晦日のソイ6へ連れて行ってますけどねw

そんなわけで今日は友達のところへ行くと言っているLちゃんをたてて、一緒に遊びに来た形です。

 

 

 

 

 

 

 

 

それから2時間ほど飲んだところで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前

飲み過ぎだろ!

Lちゃんは確実に仕上がっていました、今まで見たことないぐらい・・・w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「Lちゃん、なかなか酔ってるね」

女の子「まぁあいつが酔うと1番やばいからね」

周りの女の子も認める危険度№1のようです・・・

 

 

 

 

 

 

 

けっこう酔ってる様子ですが、リキはそろそろ疲れていたので

リキ「もう2時間ぐらい経ったし、そろそろ帰ろうよ」

L「わかった」

そして他の子に挨拶をして道路のところでバイタクを探します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイタクを探していると、Lちゃんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L「私は残るな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「はぁ!?」

 

 

 

 

 

 

 

突然の発言に、リキは何を言ってるか理解できない状況。

 

 

 

 

 

 

 

L「私は残って友達と飲むから」

リキ「は?何を言ってんだ?」

L「友達と飲む約束してたんだから、帰らないでこのまま飲むよ」

全く理解不能発言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとその発言にムカついたリキは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は疲れてるって何回か言ったから、

『じゃあ、早めに帰ろう』

とか少しは言ってくれるかと期待してたわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それどころか

『友達と飲むから私は残る』

そんなに友達の方が大事ならずっと友達と飲んどけ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lちゃんにそう言い放って、サッサとバイタクに乗りホテルへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキはパタヤに住んでいるわけではなく、年に数度、短期間しか滞在することができません。そんな短い滞在時間を有効に活用して遊びたいといつも思っています。

 

 

 

 

 

 

 

だから今回の件について

「友達とはいつでも遊べるだろ?」

そう思って、友達を優先したLちゃんにムカつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、そう考える自分は言いかえれば・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何で俺の言うことを聞かないんだ!」

したくないと思っていた事を、実際は考えている自分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな複雑な気分で帰る途中でさむさんに連絡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「ちょっとムカついたから、置いて帰ってきたよ」

さむ「ピアーに合流します?」

そんな誘いをもらいましたが、若干疲れているので

リキ「今日は疲れているので帰ることにします、すいません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアーへ行く元気もなく、そのままホテルへと帰還。

リキ「去年は元旦の朝にタイガーと、そして今年は元旦の夜にLちゃんと。ケンカ続きの元旦だなぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いながら、1人ホテルで眠りにつくのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ と が き

 

 

週末に韓国ソウルへ行っていましたので、少し遅れての更新となりました。

 

 

帰国した日には、韓国での感染者数が一気に800人とかに膨れ上がって驚きです。

 

現地の雰囲気をお伝えしますと、日本と同じく韓国の方々も大半の方がマスクをされています。しかも日本のモノよりもおそらく厳重なマスク。

 

道端で販売もされていましたが、以前は1枚100円のものがコロナ当初は500円、現在は落ち着いてそれでも1枚300円で販売されているため、日本と同じく高額、マスク不足困っている状況のようです。

どうなってしまうんでしょうね・・・

 

 

 

そして韓国旅行記という新たなブログネタが産まれてしまいました。

いったいいつになったら追いつけるのでしょうか?

 

しかし、今回の韓国旅行は何とも言えない韓国旅行でした。

まだ記事を書くのはしばらく先になるかと思いますので、しばらくお待ちいただければと思います。

謎の女の子連れ韓国旅行w

 

 

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード

 

 

コメント