コンビニと〇〇は同レベル? 2020年9月九州旅行⑨

2020年09月 九州旅行
スポンサーリンク

 

 

九州旅行3日目は朝からドライブをして、ホテルへ戻ってから2日連続のソープ遊びを楽しんだリキだったのでした。

 

 

 

 

 

 

3日目19時半 熊本市繁華街にて

 

 

前日のブルーシャトーに続いてピカソを楽しんだリキは、時間も夜になったのでゴハンを食べに行くことにします。

リキ「何を食べようかな?」

と考えて、前回食べた魚をまた食べようと移動を開始します。
この大きな刺身のお店ですね。

 

1人でブラブラと熊本市内の様子を観察しながら、魚屋さんに辿り着きますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満席

 

 

 

 

 

途方に暮れながらお店の前を離れて、少し歩いたところでカウンターのあるゴハン屋さんを発見。
「ここにしてみようかな」
入ってみるとちょうどカウンターが空いている様子。

 

リキ「1人ですが、大丈夫ですか?」

スタッフ「はい、大丈夫です」

そんなわけでカウンターに1人着席、隣には楽しそうなカップルがいます。

 

 

 

 

 

優雅にワインなどを飲んでいるカップルは、隣に2日連続ソープに行ってる寂しきぼっちおじちゃんが座っているなど夢にも思わないんでしょうね・・・

まぁ自虐ネタは置いといてとw
座ると早速ビールを頼み、こんな感じのお通しをいただきます。

 

 

 

魚を食べていなかったので、刺身をいただいてと。

 

 

天ぷらもいただき

 

出し巻きもいただき

 

〆は茶漬け

 

ひとしきり食べたリキは、お店を出て夜の街をブラブラと歩きます。

 

 

 

 

 

リキ「お腹いっぱい」

少し苦しくなったので、軽くお腹を整えるために散歩です。
繁華街には若者たちが集まって、飲み歩いている様子。

リキ「みんな元気だなぁ」

そんな感じで繁華街の人を眺めていると、ふと昨日読者さんと歩いた時のことを思い出します。

 

 

 

 

 

 

リキ「そういえば、この近くに謎のマッサージ屋さんがあったな・・・ちょっと行ってみるか!」

そうと決まれば、早速そちらへ向かうことにします。

 

 

 

 

リキは外国人エステが好きなので、地元大阪でも頻繁に行っています。このブログ内でもエステについてまとめてみた

『エステ道』

なんて記事を書いていたりもします。あらためて見ると、恥ずかしいなwww

 

 

今年は国内旅行へ行っているので、名古屋広島でも旅行がてらにお店へ寄りました。しかし、残念ながら前回熊本へ来た際には、マッサージ店を見つけられないというまさかの事態・・・

今回はエステ道を極めようとするリキにとっては、リベンジするチャンスです!

 

 

 

そんな気持ちでメラメラと燃えるリキは、マッサージ店へ向かいます。

自分の備忘記録のためにも場所を記載しておくと、こちらのセブンの横にあります。

 

 

 

 

セブンを曲がったところで、看板が目に入ってきます。
画像は撮ってなかったので、グーグルマップさんに助けていただくとこんな感じ。

 

セブンの隣にひっそりと看板があるのが、おわかりになるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

そんなコンビニの横でひっそりとたたずむ看板へ向けて歩き始めたリキ。ネット検索でも出てこないお店で、少し廃れたビルの中にある模様。

リキ「ちょっとこれはドキドキするな・・・」

名古屋や広島でもエステへ飛び込んで行っていたリキ。
それどころか振り返ってみれば、フィリピンですらマッサージへ1人飛び込むマッサージジャンキー!

 

 

 

 

 

 

 

そんなリキが今回熊本で見つけたマッサージ店へ

突撃!

 

 

 

 

 

 

 

 

のはずが?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜかビビッて
スルーしてしまいました・・・

 

 

 

 

 

 

 

1度躊躇して通り過ぎてしまうと、ベルトコンベアに乗っているが如くドンドンお店から離れて行ってしまいます。

リキ「あぁ、なんで躊躇してしまったんだ・・・やはり既に賢者へ転職したからなのか・・・」

嘆きながら1人テクテクとお店から離れてしまって、歩いているリキがいます。

 

 

 

 

 

 

リキ「これだけ色んなお店へ行ったことがあっても、未だに入るのに躊躇するなんてまだまだ修行が足りないんだな」

反省しながら街中を歩くリキの頭に、友人が昔に話していた『ある会話』がよぎります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店へ入るのに躊躇することはないのかって?

あんなもの・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニ

入るのと同じだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだと!?

 

 

 

友人が当然の如く言い放った

「風俗店へ入るのは、コンビニへ入るぐらい気軽なもんだ」

その言葉に若かりし頃のリキは、強烈な衝撃を受けたのを今でもハッキリと覚えています。

 

 

 

 

 

そしてあれから月日が流れましたが、お店へ入るのを躊躇したリキ。

リキ「未だに彼のレベルには辿り着けていないのか・・・」

自分の修行不足をあらためて実感し、ホテルへの帰路に着くのでした。

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そして翌日、ふがいない自分を追い込むため

再びあの店へ・・・

 

 

 

 

 

 

 

あ と が き

 

 

九州旅行3日目もこうして終わりました。
まさかのマッサージ店を躊躇して、スルーするというヘタレ具合をさらけ出すことになるとは・・・

 

昔から風俗店に何の躊躇もなく、コンビニ感覚で入って行く友人には恥ずかしくて会うこともできません。まぁ彼は若干ネジが外れていたのかもしれませんが・・・w

 

その後に飲みに行こうかとも悩んでブラブラと歩いていたのですが、何か若干眠くなってきたのでホテルへと戻ることにしました。
前日のブルーシャトー疲れもあったかもしれませんw

 

2日連続でソープへ行ったリキでしたが、自分を追い込むために3日連続でソープへと向かうことになりましたとさwww

 

 

コメント