まさかその・・・2024年5月パタヤ旅行6

2024年5月 パタヤ旅行
スポンサーリンク

 

 

WSでトムパイセンの凄さを実感した夜だったのでした。

 

 

 

 

 

2日目夜 WSにて

 

 

 

いつの間にやら嬢をPBしていたトムさんは、その嬢を迎えにPALACEへ

ポツンとWSへ残されたリキとTABIKIさん

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、どうしたものかと思っていると

TABIKI「ちょっと移動します?」

そんな提案があったので、TABIKIさんに任せて移動してみることにします。

 

 

 

 

 

 

 

既に時刻は深夜2時ぐらいだったのですが、まだもう少しお店は閉まらないだろうと予測しての移動

向かった先は・・・

 

 

 

 

 

 

Pink Baby

 

 

 

名前は耳にしていましたが、訪問したことはなかったお店

TABIKI「行ったらなかなか良かったんですよ。トムさんも『ここが1番楽しかった』って言ってましたからね」

 

 

 

 

 

 

トムさんがそんな事を言ってるシーンは、未だ見たことありません。

これは期待できると思ってお店の前まで行くと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉まっとる!

 

 

 

 

なんか暗いな?

と思って近づいてみると、既に電気は消えてお店は閉まっている状態

 

 

 

 

 

 

TABIKI「すいません、こんなに早く閉まってるとは思わなかったです」

リキ「いえいえ、気にしないでください」

TABIKI「そっちは開いているので、そっちへ行きましょうか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お目当てのお店が開いてなかったので、前にある

PLAY GIRLZ

 

 

 

 

 

遅い時間なので嬢の数は少ないですが、まだお客さんも少しだけいる感じ

でも、さすがにこの時間だったので、特に選びたくなるような嬢もいない

 

 

 

 

 

 

 

少しだけお店の様子を眺めたりしたところで、お店を出ることにしました。

Pink Babyが閉まっていたことに責任を感じたようで、ここはTABIKIさんがご馳走してくれました。

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

さすがに夜も遅い時間でお店も開いていないので

リキ「今日は帰りますか」

ってことで解散することにしました。

TABIKさん、おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目朝 ホテルにて

 

 

 

 

昨日はホテルへ戻って少しゆっくりしてから寝たリキでしたが、相変わらず朝から目が覚めます。

けっこう早く目が覚めたため、未だに林虎は開く気配もないので珍しく朝食を食べに行くことにします。

 

 

 

 

 

 

 

向かってみたのは、ソイレンキー

Kung’s Soi Lengkee

いくつか行こうと考えていたお店の1つです。

 

 

 

 

 

 

早速朝食のセットなどを注文して、最初にやってきたのはコーヒー

朝で頭が働かなくて

「これってどうやってコーヒー入れるんだっけ?」

と朝から悩むリキ

 

近くに来たスタッフに聞くと、代わりに棒を動かしてコーヒーを作ってくれました。

ありがとうスタッフさん

 

 

 

しばらくしたところで朝食のセットが到着

1番好きな無難な組み合わせですね。豆はあんまりいらないけどw

 

ここはソーセージにこだわりがあるようで、4種類ぐらいから2つ選べます。

ソーセージ好きとしては嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

外のテラス席で食事をして一服していましたが、とりあえず朝から暑い!

たまらなくなって、食べ終わったところですぐにホテルへ帰還

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてホテルでクーラーをかけて、ゴロゴロするの最高!

少し休憩したところで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか林虎へwww

 

ご覧のようにロールカーテンが下りているので、パチンコ屋さんのようにオープン前に並んでいる状態ですwww

 

 

 

 

 

 

 

一応朝食を食べていたので軽くラーメン1杯をいただいて、店長へ挨拶をしに訪れた感じですねw

 

 

そしてお会計ですが、もう林虎さんのお会計とか何回もしているので省略しておきますw

 

 

 

 

 

 

林虎さんからの帰り道にふと撮影したのがこれ

 

よく道路で見かける鉄の蓋ですが、もちろんリキは踏まないように避けて通ります。

いきなり落っこちて、戻ってこれなくなったりしたら嫌ですからねw

 

 

 

 

 

 

 

そしてまたホテルへ戻って休憩

この季節の昼間は暑すぎて出る気になれません。

夕方まではホテルでゴロゴロタイムですね。

 

 

 

 

 

 

 

スマホゲームをしたり、漫画を読んだり、うとうとしたりして夕方までの時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目夕方 ホテルにて

 

 

 

 

夕方になって涼しくなってきたので、そろそろ出撃することにします。

いつもの如く、この時間で向かうはソイ6です。

ちょうどちんさんも今日は出れるとのことなので、ソイ6集合することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

バイタクで移動してソイ6到着

少し散歩してみることにしました。

 

 

 

 

 

しばらく歩きますが、特に目を引く嬢がいない状態

そんな感じで歩いていると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

嬢「あっ!リキ!今日も飲んでいってよ!」

と声をかけられて入店したのは

REPENT

 

 

昨日楽しく飲んだテキーラ嬢からのお誘いです。

 

 

 

 

 

 

とりあえず入店して一緒に乾杯

嬢はなんか食べてますw

 

 

 

 

 

 

そんな感じで嬢と飲んでいると

ちん「どんな嬢か見に行っやるよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日珍しくリキがテキーラなんかを飲ませていたのが気になったようで、ちんさんが覗きに来るようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくしたところで、ちんさんがお店へとやってきます。

ちん「おいリキ!どの嬢だよ!」

と言いながら入店してきたちんさん

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてリキの横に座る嬢を見て、驚く様子のちんさん

リキ「え?どうしたの?」

その様子が気になって聞いてみると・・・

 

 

 

 

 

  

 

ちん「まさかその嬢かよ・・・」

リキ「え?もしかして・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキは全然気づいていなかったのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ちんさんが遊んでいた嬢だったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

あ と が き

 

 

やっと3日目に突入しましたが、突入したところでいきなりのトラブルとも言える状況

しかし、全く気付いてなかったんですよね。嬢の顔とかすぐに忘れちゃうんでw

 

 

さて、こんな状況でしたが怖いおじちゃんたちから何てコメントされるだろうか・・・

 

 

 

コメント