プサンに来て出会ったのはまさかの!?食べまくりプサン旅行 2017年8月 韓国 プサン旅行③

2017年08月 韓国 プサン旅行
スポンサーリンク

初の韓国プサン旅行で、初日の夜は女の子たちと飲んで楽しい夜を過ごしました。

2日目、友人の希望からプサンで風俗に行くことになり、Hard Rock CAFE前で業者さんが迎えに来るのを待つリキと友人。

さて、どんなことになるのでしょうか?

プサンでビーチ!風俗探す男の姿はバンコク共通!? 2017年8月 韓国 プサン旅行②
初めてプサンを訪れて友人と食事とお酒を楽しみ、韓国人の女の子たちと飲んで遊びました。その後に友人から言われたことが・・・ さて、リキの選択は!?

 

 

Hard Rock CAFE前で業者さんのお迎えを待つリキと友人。

何かやってることが日本と変わらないので、ちょっと笑ってしまいますwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると20台の若い普通の韓国人のお兄さんが現れます。

お兄さん

「電話くれたのは君たちかい?」

友人

「そうだよ」

お兄さん

「ちょっと身分証明書を見せてくれ」

友人

「友人は日本人だからパスポートで大丈夫?」

お兄さん

「日本人!?珍しいね、パスポートで大丈夫だよ」

そういって身分証を確認するお兄さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく警察とかを警戒しているようですが、リキが日本人なのもあってサクッとパスポート見て終わり。

お兄さん

「じゃあ、ついてきて」

そういって前を歩きだすお兄さんについていく2人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「これどこへ行くんだ?」

友人

「さぁ?まぁ行けばわかるさ」

友人も適当ですwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3分も歩くと人気のない雑居ビルに到着。

ちょっとお兄さんが警戒していたので、画像とかは全く撮っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄さん

「ごめん、エレベーターが壊れてるから階段であがるよ」

暑い真夏にビルの6階まで階段という拷問www

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6階に到着するとまずはカギを開けます。

さらに中にはインターホンを押して、中から開けてもらうタイプの自動ドアがありました。

なかなか厳重な警備体制です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中は薄暗い感じで受付のようなところがあり、そこでまずはお金を払うことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

友人が少し韓国語で話してから、こちらを向いて真面目な顔で

友人

「ごめんリキ。さっき話したみたいな、100分3回転1万5千円で手コキじゃないみたいなんだ。」

リキ

「なんだそんなことか。気にするな!疲れているからマッサージだけでも大丈夫だよ」

深刻で真面目な顔をして言ってくるから何事かと心配しましたwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ残念ではないと言えばウソになりますが、それぐらいで怒るリキではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、払ってマッサージをうけるかと思い、サイフを出そうとしていると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

友人

「いや、違うんだ・・・」

リキ

「ん?何が??」

 

 

 

 

 

 

友人

「100分3回転手コキじゃなくて・・・」

リキ

「じゃなくて・・・・???」

 

 

 

 

 

 

 

 

友人

「本番だ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「すいません、ちょっと何を言ってるかワカリマセン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人

「100分3回転本番1万5千円」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100分

3回転

本番

1万5千円

 

 

 

 

 

 

友人

「大丈夫か?」

リキ

「そら大丈夫だろwwww」

そう言ってテンション上がるリキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金を払ってそわそわしながら、ソファーに座って待ちます。

まるで日本の風俗みたいwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし5分ほどすると

「とゆーか、安すぎないかこれ?」

冷静になったリキが我にかえりますw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国の風俗とか逆に日本より高かったりもするのに、この値段で3回転で本番って・・・・・どんなの出てくるんだよ!?w

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁいまさらなので考えてもしょうがない。

出たとこ勝負ですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄さんに呼ばれて行くと、1つ1つが個室な感じ。

部屋に入ると入口のドアを閉められます。

これが鋼鉄製の重そうなドア・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「これ大丈夫なのかな・・・・??」

 

 

 

 

 

 

 

まるで刑務所の部屋のようなところで真っ暗。

部屋の大きさは4畳ぐらいで、奥にシャワースペースみたいなのがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マットみたいなのがあったので、そこでゴロンと寝てまっていると

 

 

 

 

「コンコン」

 

 

 

 

 

 

ノックの音がしてドアが開き、小柄な女の子が入ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「暗すぎて全く顔が見えない・・・・w」

と心で思っていると女の子が

 

 

 

 

 

 

女の子

「英語を話せますか?私は韓国語を話せないので」

そう言ってくる女の子。

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「韓国語を話せない・・・・???」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思っていると・・・

女の子

「私はタイ人です。」

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「なんだってぇぇぇぇ!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に予想外なことに、韓国で出稼ぎタイ人風俗に来ちゃったみたいですwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

入ってきた時に、小柄で色黒だなぁと思ったんですよね。

まぁとりあえず少しお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ人の女の子ですが英語が堪能だったので、うまく意思疎通はすることができました。

どうも期間限定で韓国まで出稼ぎに来ているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか良い子で、一緒にシャワーを浴びて楽しく遊ばせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40分経過して2人目とチェンジ。

ここは純粋にマッサージみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

少し年配の方が来られて20分マッサージ。

これがなかなか上手です!

 

 

 

 

 

 

 

しかもところどころマッサージの合間に、エロイタズラしてくる。

「ここもう使ったの?w」

「次のために元気にしてあげる」

「ここ気持ちいい?」

なんかタイに来た気分でおもしろいwww

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに20分終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

3人目が来る予定ですが、1人目の子がよかったのでまた1人目の子をお願いできないかなぁ?と考えるリキ。

ふと見ると内線用電話があったので受話器をとりあげます。

 

 

 

 

 

 

 

お兄さん

「はい、どうされました?」

リキ

「ちょっと1人目の子がよかったから、3人目もあの子にしてくれない?」

お兄さん

「う~ん、待ってる子もいるので難しいなぁ」

リキ

「追加料金払うよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか1人目を気に入ったリキは必死ですw

お兄さん

「わかりました。追加5千円でどうですか?」

リキ

「ありがとう。」

そういって追加料金を払って1人目をまた呼ぶリキ。

 

 

 

 

 

 

 

女の子

「ありがとう」

リキ

「なんか楽しかったからねw」

色々タイの話をしたりしながら、まったりと楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子

「また機会があれば遊びに来てね」

リキ

「難しいなぁ。元気でね」

タイなら行けますが、韓国の謎のお店はさすがにもう来れないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

別れをつげて待合室へ。

友人

「どうだった?」

リキ

「よかったよ。」

友人

「お前、1人目をもう1回呼んだらしいな!」

リキ

「何で知ってるんだよwww」

友人も当たった1人目が良かったと満足していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これはなかなか当たりのお店でしたね。

友人が探したので、全く何てお店かわかりません。

日本にあったら毎週行くんですけどねwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人

「さて、何か食べに行くか」

と一段落してご飯へ向かいます。

よくわかりませんが、こんなお店。

タコ鍋?みたいなの注文

もちろんオマケいっぱいw

ビールと合いますね。

タコ鍋ご飯とでも言うのかな??

〆はウドン。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを食べている時に横のテーブルに来た女の子2人が、めちゃくちゃかわいかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

4人用テーブルを、2人、2人で使っていたのですが、あいにく同じテーブルは男2人・・・

横の少し離れたテーブルに女の子2人がいたんですよね。

同じテーブルなら声かけたけどなぁ・・・・残念!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、食べ終わってお店を出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は何をするのかな?と思っていると・・・

友人

「屋台にご飯を食べに行くぞ!」

リキ

「は?今食べたばっかりじゃないか!」

友人

「旅行中だからいっぱい食べるんだよw」

意味わからないことを言いだす友人・・・

なんか屋台街へ来ました。

でも、あんまりお店が開いてないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人

「移動するかw」

と結局ホテルの近くに移動。

見つけた小さいお店に入ります。

キンパ食べて

チャプチェみたいなの?

チジミ食べて

もうまさにお腹いっぱい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店がなんかホテル街みたいなところにありました。

周りを見ていると・・・

なんか金髪のお姉さんが歩いています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「あれってもしや・・・」

友人

「ロシア人だな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「ロシア人!?」

 

 

 

 

 

 

 

友人

「ほら、あそこの呼び込みに声をかけると連れて来るんだよ」

 

 

 

 

 

 

見ていると頻繁に、金髪のお姉さんと男性が一緒にホテルに入って行きます。

こんなとこもあるんだなぁと興味津々。

ただ、昼間にタイ人と遊び、その後に食べて飲み過ぎたので遊ぶ元気はありませんでした。

いつかは試してみたいですね。

気持ちよく飲んでホテルに帰るのでした。

 

 

 

 

3 日 目

 

友人は夕方にはソウルの方に帰らないとダメなので、昼前ぐらいには2人ともプサンを後にする予定。

起きてから、近くのマーケットみたいなところへ行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

車を停めた時に、日本人の観光ツアーみたいなバスも停まっていました。

これがかわいい女の子2人組とかばっかりなんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人

「おいリキ!あの日本人ナンパしようぜ!」

と日本人好きの友人がリキに声をかけてきますw

 

 

 

 

 

 

 

 

リキはたまに韓国人の友人に混じって、韓国人のフリして日本の女の子に声をかけたりします。

めちゃ大阪人なんですけどねwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば・・・

リキ

「こいつはソウルから来て、こいつはソウルの近くから来てる(英語)」

女の子

「へぇ~、私たちは大阪だよ。知ってる?」

リキ

「大阪!タコヤキ!(片言の日本語w)」

女の子

「凄い!日本語うまい!」

リキ

「まぁぶっちゃけ、俺は大阪人やけどなwww(日本語)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時の女の子の反応がめちゃおもしろいです。

隣で男の悪口大会していた後なんて・・・もう目も当てられませんwww

こんな事して遊んでる性格の悪いリキですwww

 

 

 

 

 

 

まぁあくまで韓国人の友人がリクエストした時だけですけどねw

アホなリキの話はまた機会があればお話をするとしましてw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先程見かけた日本のツアー

めちゃくちゃかわいい子が多かったので、ちょっとリキも乗り気ですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「腹ごしらえしたら行こう」

そう言って屋台でご飯。

餃子を食べました。

その後に女の子を探し・・・いや、観光へ!w

 

 

 

 

 

 

 

しかし、小さいエリアなのに、さっきの日本人の大群がいないんですよ!

たぶんどこかお店に入ったんでしょうね。

リキも友人もがっかりです・・・・

で、今度はしっかりご飯

 

 

 

 

 

 

 

 

その後にブラブラ観光して、最後に屋台でつまみ食い

 

 

 

 

 

 

 

 

南国を思い出すココナッツもありましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして空港まで友人に送ってもらい、お別れ。

さらば高級車!

乗り心地悪かったけどw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来は運転手つきロールスロイスが欲しいとか言ってました。

買ったらぜひ乗せてもらおうw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待ち時間ひまだったので、空港でトンカツ定食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして行きと同じくピーチに搭乗。

無事に関空へ到着して夏の3日間の旅が終わりました。

 

 

 

 

 

終わり

 

 

 

 

 

 

あ と が き

食べまくりのプサン3日間の旅でした。

まさか韓国でタイガールと遊ぶことになろうとは、思いもよらなかったですw

でも、かなり良い感じだったので、日本にも同じようなお店があれば嬉しい感じですね。

また別の旅の話などを徐々に書いていきたいと思います。

 

 

コメント