憧れのファーストクラス搭乗記 タイパタヤ旅行②初日(前編)

2017年05月 タイ パタヤ旅行
スポンサーリンク

GWに休みが取れたので海外旅行を計画しました。

 

久しぶりの海外旅行は憧れの!? 2017年5月 タイパタヤ旅行①準備編 
2017年4月某日 いつもの如く仕事が終わり・・・                         リキ「ふぅ~、今日も仕事が終わった終わった。帰るとするか」                           この4,5年仕事が非常に忙し...

 

 

ついにタイ旅行初日です。

前日は家でゆっくり休んで体調ばっちり!

 

 

 

 

 

 

 

のはずが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日友人から連絡がきて

 

友人

「リキ、明日から休みだろ?今晩遊ぼうぜ!」

遊びのお誘いがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ行きを教えると羨ましがって拗ねるのでナイショ!w

2,3度行ったことのある大阪ミナミの女の子のいるお店へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると見たことのない可愛い女の子がいるではないですか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即座にその子を指名!なぜかすぐに意気投合!

今度同伴じゃなくご飯に行くことになりました。

タイに行く前に幸先がよかったです。

もちろん友人にはナイショですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は戻りまして空港へと向かうリキですが、1つだけ気にかかる点がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ファーストクラスってドレスコードあるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカみたいなことかもしれませんが、これは少し悩みました。

例えば、ゴルフ場などでも暗黙のルールで、ジャケット着用やTシャツなどではプレーしない等のルールがある。

 

 

 

 

 

 

 

では、ファーストクラスは?

 

 

 

 

 

 

 

 

これがネットでも明確には載っていないし、友人で乗った経験がある人もいない。

さて、どうしたものか・・・悩んだリキはタイ航空カスタマーセンターへ電話しましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ

「すいません、今度ファーストクラスを初めて予約したんですが、ドレスコードみたいなものってあるんですかね?」

 

タイ航空

「お悩みになるところですよね。タンクトップにサンダルみたいな、ラフ過ぎる格好でなければ特に問題ありません。」

 

リキ

「なるほど、ありがとう」

暑いタイに行くからラフな格好で行くところでした。

危ない危ないw

 

 

 

 

 

 

 

空港に到着してチェックインです。

心配性のリキは、いつもどおりきっちり3時間前には到着。

さて、タイ航空へチェックインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWで混んでいる関空ですが、タイ航空も混んでいます。

さて、ファーストクラス初体験です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ航空の職員さんが並ぶ列の入口あたりに立っています。

何食わぬ顔で前を素通りして、ファーストクラスに行こうとすると・・・

 

タイ航空のお姉さん

「お客様、チケットを拝見させていただきます。」

見事に止められますw

 

 

 

 

 

 

 

そらそうでしょうね。

こんな一般人っぽいやつが間違いでもなければ、ファーストクラスのカウンターなどには行かないでしょうw

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてチケットを見せますと

タイ航空のお姉さん

「失礼しました。こちらへどうぞ」

と丁寧にファーストクラスカウンターへ案内していただきます。

ちょっと安心しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も並んでいなかったので、即座にチェックイン完了。

ラウンジの場所も教えていただきます。

手荷物検査も優先用のレーンを使用

そして自動化ゲートで出国手続きも終了

免税店のところまで・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと15分!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、早すぎるってこれ。

あと2時間半も何するんだ?w

と思いながらのんびりお買いもの。

そしてしばらくしてタイ航空のラウンジへ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ航空のラウンジは関空のモノレールみたいなのに乗って、エスカレーターを下ってすぐにあります。

入って受付を過ぎたラウンジゾーンの1番奥にさらに扉があり、その奥がファーストクラス専用のラウンジ。

ドキドキしながら行くと奥まで連れていってくれて、最初のドリンクを持ってきてくれるとのことなのでビールを注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくするとビールをお姉さんが持ってきてくれました。

お姉さん

「お食事などは手前のラウンジのところにありますので、ご自由にお取りください。」

と言って出て行きます。

 

 

 

先に2人おられましたが、ビールにお菓子をつまんでいる様子。

そして部屋の中を見るのですが、特に何もない・・・・

「あれ?」って感じです。

 

 

 

 

 

 

 

もっと食事が出て来たり、何か暇つぶしのものがあるかと思いきや何もなし!

そして隣のビジネスクラス用ラウンジに行って、お菓子やカップラーメン、おにぎりなどを持って来て食べるしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ANAラウンジに行けばよかった・・・」

飛行機を眺めながら、寂しくお菓子を食べるリキでした・・・・

 

 

 

 

 

 

 

ビールを飲んで飛行機を眺めているとやっと搭乗時刻になりました。

関空夕方発の便は2階建てのA380!

数年前に乗ったことがありましたが、まさかファーストクラスに乗る日が来るとは!

入口は途中から分かれていて、ファーストクラスは2階です。

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキしながら行くと、とても広い座席に驚きを隠せません!

そして座ってウェルカムドリンクで、ヴィンテージドンペリいただきます。

まぁヴィンテージと言われても味の違いはわかりませんがw

 

 

 

 

 

 

 

 

CAさんがわざわざ自己紹介しながら挨拶に来てくれました。

やっと旅が始まった気分です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして離陸してしばらくすると機内食のサービス開始。

恐ろしいことにテーブルクロスをかけられて、ナイフにフォークどころか塩、胡椒の調味料までセットされました。

 

「なんだこれ・・・まるでレストランじゃないか・・・」

貧乏性のリキはちょっと引き気味ですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからドンドン料理が出てきて、お腹いっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いったいどんなメニュー構成なんだ?

もう乗っている間の半分ぐらいは食べていた気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにファーストクラスの座席ですが、例えるならば

介護ベッド!!!

まさにそれですね!

ちょっとやりすぎかと思いますw

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹いっぱいのうちにバンコクの街並みが見えてきて、タイに到着!

CAさんにお礼を言いながら機内から通路へ。

 

 

 

 

 

 

 

飛行機降りた通路から空港内へ入るところに、よく空港出口で送迎の人が持っている名前を書いたプレートを持っている方々がいます。

「なんでこんなところに立っているんだ?」

と思っていると

 

 

 

 

 

 

「Mr.リキ」

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか自分の名前を書いたプレート持っている人がいる・・・・

よくわからないけど声をかけてみました。

するとアレに乗れと言ってきます。

そう!空港内を爆走しているカートみたいなやつです!

 

 

 

 

「なるほど、アレはこのためにあったのか!」

納得して乗り込むと他に2人ぐらいのお客さんを乗せて発進です。

 

 

 

 

 

 

 

 

乗った感想としましては

「怖い!」

まさにこれですね。

 

 

 

 

 

 

運転手はお姉さんでしたが、けっこうな速度で爆走されます。

「おら!どけどけ!」

みたいな感じのオラオラ系の運転されてビックリですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちにイミグレ前に到着しました。

けっこう並んでいたのですが、そのまま横道に連れて行かれて「Priority Lane(優先入国レーン)」へ!

これが非常に早い!10分も経たないうちに入国完了!

混雑する時期はかなり重宝するかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてイミグレを過ぎると、また新たにスタッフの方が待っています。

「次はなんだ?」

と思っていると、どうやら客の1人づつに荷物運び用スタッフがつくようです。

やりすぎだろファーストクラス・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分お供のスタッフを連れて荷物を取りに行きます。

スタッフ

「Sir、荷物はまだ出てきませんから、こちらで座ってお待ちください」

そう言われてベンチでおとなしく待っていることにしますが、何か落ち着きませんw

 

 

 

 

 

リキ

「荷物ぐらい自分で取るから大丈夫だよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言いたいのですが、ジョジョ立ちしそうな程やる気満々のスタッフを止めることなど誰ができるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった1つの荷物をおとなしく運んでもらい、予約していたタクシーのところまで運んでもらいます。

チップをあげようと思ったのですが細かいお金もなく、代わりに日本で買ったお菓子などをあげておきました。あぁ、ダメな日本人・・・・w

 

 

 

 

 

 

 

そしてタクシーに乗り込み、向かうはもちろん・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パタヤ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界有数の歓楽街へ向かうのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・・

 

 

 

 

 

 

 

あ と が き

自己満足の初ファーストクラス搭乗記を書いてしまいました・・・

次回はやっとパタヤに到着。

初めてのタイ!しかも一人旅!無事に女の子と遊べるのでしょうか?

 

 

コメント

  1. […] […]