南国アンヘレスでリキの心に冷たい風が吹く 2018年12月 カウントダウン in パタヤ③(1日目2)

2018年12月② パタヤ
スポンサーリンク

 

2018年の年末を昨年に続いてパタヤで迎えようと思ったリキは、よくばってアンヘレス経由パタヤ行きを計画!

 

そして無事に日本を離れアンヘレスに到着し、夜の街へと繰り出すリキでした。

 

 

 

 

 

 

ホテルの部屋に到着して少し荷物を片付け、服を着替えたらちょうど18時前。

まさに夜遊びに適した時間!

そんなわけで夜遊びへ出発!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ夜遊びと言いましても、今回はアンヘレスにいるリキのお気に入り嬢に会いに行くだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バタフライと言いながら、わき目も振らずにお気に入りのお店に行くリキ!

アンへ嬢に心を奪われているんですかねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてアンへ嬢のいるお店へ到着して、中に入ります。

中箱ぐらいのサイズなので女の子はそこそこいますが、お客さんは少ない感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンミゲルライトを注文し、アンへ嬢を探します。

ビールを飲みながら見る限りでは、まだ出勤していない感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まぁのんびり待つか」

とスタッフのお姉さんとお話をしながら待つことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時刻は19:00

 

リキ「おかしいなぁ、まだ出勤してこないのか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18時には出勤していると思いきや、19時になっても現れません。

そしてメッセージを送るも、既読ににもならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと不安になってきたので、横にいたスタッフの女の子に聞いてみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「ちょっとこの子を待ってるんだけど、まだ来てないかな?」

そう言って以前撮った画像を見せてみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「あぁ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「あぁ??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「横にいるの私!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「なんだって!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです!

あんまりちゃんと顔を見ていなかったのと、服を着ていたので全くわかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

女の子「あぁ!前に一緒にクレイジーなヤツと飲んでたリキか!久しぶりだね」

リキ「久しぶり!クレイジーは元気なの?www」

女の子「残念ながらもういないよw」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念なような、ホッとしたような複雑な気分ですw

クレイジーさんについては、こちらをどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなクレイジーさんの話を少しして本題へ。

リキ「お気に入りはまだ出勤してない?」

女の子「あの子はいつも寝坊するからねwww」

そう言って笑ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「まぁ20時までには来るよ」

そう言われたので、20時まで待つことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時刻は20:15

 

リキ「・・・来ないね・・・」

女の子「電話してみるよ!」

そう言って電話してくれる女の子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言ってもリキも1度電話してみましたが反応なし。

未だにメッセージですら未読のまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「お腹も減ったし、1度出てゴハンでも食べてくるよ」

女の子「わかった!こっちでも連絡してみる」

そう言っていったんお店を出ることにしたリキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時刻は21:00

 

 

 

 

 

 

何か食べようと思い行ったのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々メニューの種類も豊富なので、その時の気分で選べます。

そんなリキは

 

カルボナーラを選択。

なぜかたまに無性に食べたくなるんですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しくカルボナーラをいただいたリキでしたが、未だに連絡は来ず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「どこかで飲みながら待つか」

そう思って広くてのんびりできるアトランティスへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに21時も回っていますが、年末土曜の夜だというのもあって非常に人が多い。

1人で店内に入ると席がないようで、入り口すぐのテーブルがあるイスに座らされます。

 

 

 

 

 

 

 

相席のような感じで、反対側には女の子を2人飲ませて楽しそうに遊んでいる日本人の方がおられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じテーブルの反対側では、年末を控えたアンヘレスで1人ポツーンと座るリキ。

リキ「同じテーブルでも間に見えない壁がある・・・」

そう思って気分が凹むリキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入口すぐの席なので女の子も見えず、そのため誰か女の子を呼ぶこともできないリキ。

さらにテーブルの目の前では、楽しそうに遊んでいる日本人の方が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「何してるんだろリキは・・・」

急に冷めた心になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビールを1本だけ飲んでアトランティスを後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分を落ち着かせるために、WSのゲート前の片隅でタバコを取り出して一服。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「こんなはずじゃなかったんだけどなぁ。」

リキが思っていた楽しい年末の旅行とは、全く違う展開に心が沈みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして未だにお気に入りからも連絡が来ず、何とも言えない状況のリキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「どうしようかなぁ?もう他の子と遊ぶか・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WSの道端でそう思っていると

横から1組のカップルが

手をつなぎながら歩いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道を譲りながら、ふと見た女の子の顔は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お気に入り」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WSの片隅で

 

茫然とたたずむリキの心に

 

冷たい風が吹いていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ と が き

 

期待していた年末年始アンヘレス経由パタヤ行き!

リキの思っていたような楽しい旅行とは違い、悲しい現実ばかりに出くわすことになりました。

しかし、ドラマだけかと思いきや、現実にあんなシーンに直面するとは・・・

 

 

 

スポンサーリンク
2018年12月② パタヤ
スポンサーリンク
シェアする
リキをフォローする
リキの気ままな生活

コメント