月日が流れたからこそ・・・ 2020年8月広島旅行③

2020年8月① 広島旅行
スポンサーリンク

 

予定日前日の仕事終わりに、ついつい我慢できずに広島へと旅立ってしまったリキだったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

8月の金曜夜 広島のホテル

  

 

 

7月から始まったGO TOキャンペーンで、広島へ旅行にやってきたリキ。正確には、女の子とご飯を食べに来たリキw

ちょうどホテルへ到着したところで女の子から連絡があったので、早速一緒にゴハンを食べに行くために待ち合わせ場所へ移動。

 

 

 

 

 

今回泊まったホテルは原爆ドーム側の

メルパルク広島


 

 

 

 

 

 

 

ホテルから繁華街がある胡町駅までは、バスや路面電車で10分もかかりません。

ちなみに最初読み方がわかりませんでしたが、胡町は『えびすちょう』と読みます。

大阪で『えびすちょう』と言えば『恵美須町』を想像するので、全く読めませんでしたw

 

 

  

 

さて、路面電車に乗ったことがないリキは、ドキドキしながらも路面電車に乗ってみることにします。

昼間に撮影した画像ですが、中央奥に駅があるのがご覧いただけるでしょうか?

路面電車は道路の真ん中を走っている感じ。

 

 

 

 

 

でも、乗り方とかが全くわかりません!

そんなわけで電車の駅に着くまでにネットで調べてみました。

電車のご利用方法:乗車方法|電車情報|広島電鉄

 

 

どうもバスみたいな感覚で降りる時にお金を払うようです。そしてここでも使用できると確認できたのが

『SUICA』

これが使えるだけで安心です。

 

バスのように乗る時にリーダーにかざし、降りる時にもリーダーにかざすだけで大丈夫。まさにバスと同じ。

そうこうしているうちに電車がやってきたので乗り込み、ドキドキしながらリーダーにかざすと

『ピッ』

っとなって無事に反応して電車へ乗り込んで移動。

 

 

 

 

 

 

 

降りるタイミングを逃さずに無事に降車もできて、繁華街がある『流川通り』へ到着

 

 

 

 

 

 

このすぐ近くの待ち合わせなので、周りを見渡しているとこちらに向かって手を振る人が見えます。

近寄って行くと・・・

 

女の子「こっちだよ、リキ久しぶりだね」

リキ「久しぶりだね」

久しぶりに会えて嬉しく感じるリキです。せっかくなので女の子に名前をつけようと思いますが、アルファベットは段々わからなくなるので広島の女の子ってことで・・・

『広子』

安易な名前にしますwww

 

 

 

 

 

 

 

リキ「つい前日から広島へ来ちゃったよw」

広子「ははは、でも一緒にゴハンを食べれて嬉しい」

そんな広子の案内で近くのお店へと向かいます。

 

 

 

 

 

広子「ここが美味しいんだよ!」

リキ「お腹空いてるから、楽しみ」

早速色々と広子が注文してくれて、久しぶりの乾杯

まぁ当然画像を撮り忘れましたwww

 

 

 

 

 

 

リキ「久しぶりだね、まさか広島で一緒にゴハンを食べることになるとは思わなかったよw」

広子「本当に来るとは思わなかったw」

そんな話をしているうちに、注文したものが届きます。

 

 

 

 

 

リキ「美味しそうだね」

広子「私が苦手なものはリキの分だけ注文したからw」

そう言って出て来たのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き鳥

 

 

 

 

 

 

リキ「おぉ!これは美味しい!」

広子「でしょ?実は1人で食べに来たりもしてるんだよw」

リキ「1人で焼き鳥www」

広子「まぁおっさんみたいなもんだからねw」

おっさんみたいな性格の広子と焼き鳥を楽しみます。

 

 

  

 

 

どれも美味しくて良い感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広子「みんな元気してる?」

リキ「そうだね。〇〇には最近会ったよ」

広子「そっか、大阪へ行きたいなぁ」

大阪での話をすると、少し懐かしいような寂しいような、そんな顔をする広子

 

 

 

 

 

 

 

リキ「大阪に戻って来る予定はないの?」

広子「う~ん、考えたりもしたんだけどね。ただちょっとこっちでもやっと仕事が少し軌道に乗り始めたところだからね」

リキ「そっか」

 

 

 

 

 

 

久しぶりで積もる話もあり、気づけばもう2時間ぐらい経っていました。

リキ「明日も仕事だったよね?」

広子「うん、そうだね」

リキ「じゃあ、とりあえず今日のところは帰って、また明日だね」

広子「明日楽しみだね」

リキ「うんうん、凄く楽しみ」

 

 

 

 

 

 

 

何が楽しみなのかと言うと、明日のご飯が楽しみなのです。

最初から書いているように、広島への旅行は広子とご飯を食べるために来ました。コロナの影響もあったりするので夜遊びは控えて、メインは・・・

食の旅

 

 

 

 

 

美味しいものを食べたいという願望があって来ましたが、なぜか大阪人のリキがお店を選ぶことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、別の誘いもありましたが、広島へ行くのでお断りしましたw

 

 

 

 

 

 

話は戻りまして

リキが選んだお店を伝えると

広子「そこ行きたかったとこやねん!」

っと広子は大喜びです。

 

 

 

 

 

 

まぁリキのセンスが良いということですね。

 

 

 

 

 

そんなわけで2人とも明日を楽しみにしています。

そして路面電車もなくなったので、ホテルへ歩きながら帰るついでに広子を送っていきます。

 

 

 

 

広子「今日も一緒にご飯を食べれてラッキーだったよ」

リキ「どうせ明日朝から来ようと思ってたしね」

広子「明日は何をするの?」

リキ「ちょっと近くをぶらついて、お好み焼きでも食べに行こうかな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話をしているうちに、広子の家の前に着きました。

広子「帰り道わかるかな?ここを真っ直ぐ行くんだよ」

リキ「ははは、子どもじゃないから大丈夫だよw」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広子「そっかw じゃあ、また明日ね」

リキ「うん、ゆっくり休んで」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言って別れ際に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広子を抱きしめて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもむろにキスする

リキだったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなの・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマとかの

話だろ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に広子と別れたリキは、帰り道にスマホで検索を開始します。

リキ「う~んと、まずはこれで調べるか」

おもむろに調べたワードは・・・

 

 

 

 

 

 

 

『中国エステ』

『広島市』

いつものこのパワーワードw

 

 

 

 

 

リキ「おっ?けっこうお店が出て来るな。でも広島市の中国エステってどんな感じなんだろうな?」

エステ道を進むリキにとっては、広島市の中国エステ事情は非常に気になるところです。

ちなみに大阪はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

リキ「う~ん、微妙な距離だし、どうしようかなぁ」

イマイチ広島市内の距離感がつかめていなくて、少し躊躇します。

 

 

 

 

リキ「むむ!これいいな!日本人でデリヘルか・・・あの部屋に呼ぶのはいい気がするw」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回リキは無駄に広い69㎡の部屋を取ったので、ベッドは2つあるし浴槽も広い。

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「ここにマッサージとか呼んだら、非常に楽しいんじゃないか?」

帰り道のリキの頭は、欲望でいっぱいになっていたのでしたw

 

 

 

 

 

 

 

 

選択肢がありすぎると逆になかなか決めれないもので、考えているうちにホテルへと到着してしまいました。

リキ「う~ん、決められないからもうちょっと散歩するか」

とせっかくなので近くにある原爆ドームを見に行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 今回泊まったのはメルパルク広島


  

 

 

その斜め前にあるので、歩いても5分もかかりません。

 

 

 

 

 

夜の人気のない街を歩くと、その姿が見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リキ「小学校の修学旅行以来か。なんか全然記憶にないけど、こんな小さい建物だったんだな」

昔を思い出そうとしながら、原爆ドームに近づいてその姿を見ます。

 

 

 

 

 

 

深夜ですが、周りにはチラホラと人の姿を見かけます。

なかには外国人の方々もいて、必死に撮影されている方もおられました。

 

 

 

 

 

 

 

そんな人たちと原爆ドームの姿を見たリキは

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日はホテルへ帰って寝るか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくそう思って、ホテルへと1人帰って行くのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

  

 

あ と が き

 

 

食い倒れの旅なのであまり興味のない旅行記事かもしれませんが、読んでいる方の興味がありそうなのが『広子』の存在ってところでしょうか。

 

一応何枚か写っている画像はあるのですが、もしも本人にバレたら怖すぎるので自粛しました。

本当であれば、どんな雰囲気で一緒にいるのかとかがわかるような画像とかを載せたいところなんですけどね。あとは、りきおじちゃんの妄想話じゃないですよ?ってことも含めてねw

 

 

 

そんな広子とは久しぶりに話して、色々知らなかった過去の話も出て来たので驚いていた部分もありました。

「昔はお互い若かったよなぁ」

みたいな年寄話www

年月が過ぎたから話せる話などもありますからね。

 

 

同じように帰り道で見た原爆ドーム

原爆が落ちた1945年より前から建っていて原爆ドーム。

 

原爆投下後は

「75年は草木も生えぬ」

そう言われてからちょうど75年経った

今年2020年

 

 

 

 

広島の街は見事に復興し、周辺も緑豊かな公園となっているのでした。

 

 

 

 

 

 

 

コメント